ZEH目標の公表・及び受託実績

ZEHの普及目標及び実績

経済産業省・資源エネルギー庁は、『エネルギー基本計画』(2014年4月閣議決定)において、
「住宅については、2020年までに標準的に新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指しす」とする政策目標を設定しています。

株式会社橋本技建では、パナソニック様との提携により耐震性に優れたテクノストラクチャー工法に、プラスして「省エネ性能」、太陽光発電などにより、「創エネ性能」を高め、住宅のエネルギー収支ゼロ以下にする住宅づくりを実施し、ZEH住宅支援事業に取り組むことになりました。
平成32年までに新築着工の普及率50%(Nearly ZEHを含む)を目指します。
【新築住宅ZEH普及目標】 【受託実績】
・ZEH受託率
平成28年(2016年度)   0% 受託実績 0%
平成29年(2017年度)   0%  受託実績 0%
平成30年(2018年度) 20%
平成31年(2019年度) 40%
平成32年(2020年度) 50%

◆ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEHは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、
年間の一次エネルギー消費量(空調・給湯・照明・換気など)のエネルギー収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅の事。


pdfファイルはコチラ
【 橋 本 技 建 】
◆モデルハウス
◆施工例