ブログ

気づけば師走(; ・`д・´) ```

2018年11月29日|カテゴリー「ある日の出来事

 

こんにちはhappy02 おーたデスsign01

 

早いものでモウxmas12月coldsweats02・・・

年末・・・

正月・・・

そしてまた、歳をとる・・・((+_+))

 

皆様、12月はいかがお過ごし予定ですかconfident

xmaspresentXmasパーティーなど計画されている方も

多いかと思いますhappy01いいなぁsign03

 

橋本技建/H.FACTORYでは12月

新築工事やモデルハウスの着工

リフォーム工事や完成お引渡し数件と

バタバタの12月ですsweat01

 

施主様とは、ご契約前から数カ月

お付き合いさせて頂きますので

いつもお引渡しの日は、考え深いものが

ありますconfident

 

嬉しいやら・・・淋しいような・・・

しかし皆様、

新しい環境にて楽しく過ごされる事を

思うとヤッパリ嬉しいですねhappy02

 

今月から始まる新築工事の様子は、

出来る限りブログでお伝え出来れば

と思っております(^O^)/

 

また来年1月~は

長岡市、見附市にて

完成見学会を数件予定しております。

日程等ホームページで、お知らせ致します。

皆様、ぜひお越しくださいませ(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長岡市旭岡(上条)モデルハウス公開終了(T_T)

2018年11月29日|カテゴリー「長岡市モデルハウス
H.FACTORYの山田です。(^_^)v

いよいよ見附市の市役所通りにイルミネーションが点灯しました
残すところ、今年もあと1ヶ月ですね

こっっっっっっそりとダッシュ で撮影してみましたが、実際は
もっと綺麗ですので、ぜひ見に行ってみて下さい
20181128_174645
20181128_174640
各地で始まりましたよね
寒いけど、なんか空気が澄んでいるような気がして
なんとも言えない綺麗さです
これは、長岡丘陵公園 新潟いくとぴあ です
(今年ではないでけど、今年行けるといいなぁ
DSC_0058
DSC_02311
さて、余談はこの位にして

いよいよ

旭岡(上条)モデルハウス

12月1日・2日で公開終了です!!

本当にたくさんのお客様にご来場頂きました

この一帯もあっという間にたくさんのお家が建ちましたが、

一際目立つこの

ブラック&ウッド柄

もう、中は実際に見て頂いてご紹介したいです
(ブログでちょいちょいご紹介しちゃってますけど


この外壁のお家を目指してお越しください

ぜひご来場お待ちしております

OPEN 10:00~17:00


DSC01795
DSC01798

なぜ南側リビング?

2018年11月27日|カテゴリー「ブログ
こんにちは。
H.FACTORY(エイチファクトリー)テルタです。

前回『良い土地、悪い土地?』で、土地を選ぶ時のちょっとしたヒントをお話しさせていただきました。
今回はそもそもなぜ、南向きが日当たりがいいのかご説明させていただきます。

前回の記事はこちら→良い土地、悪い土地?

小学校の授業で習った南中高度のお話し、覚えているでしょうか。

太陽は東から上り西に沈みます。
日本は北半球に位置していますので、太陽高度の高い夏至の場合でも真上を通ることはありません。
真上よりも少し南寄りを通ります。

下の図は季節別に、1日の太陽の動きを表したものです。
9f0c4c48dc768883516cfa3ee41d70a6
図を見てわかると思いますが、南側は太陽が一日中当たっています。反対に北側はほぼ当たりません。
ですので、日本では南側にリビング・居室等を配置するのが基本となります。
海外の場合は反対に南半球に位置する国は、北側の方が日当たりがいいということになります。

今度は季節別の太陽の位置を並べて見てみましょう。
nanntyuukoudo
夏至と冬至では、これだけ太陽の角度が変わります。角度が変わると、影のでき方も変わります。
夏太陽高度が急になると影はほとんどできません。その分明るい土地に見えます。
夏見た土地が冬になって思ったより暗かったなんてことにならないよう注意が必要です。


H.FACTORYでも土地探しからお手伝い致しますので、いつでもご相談下さい。


知って得するお金の話「税金編」①

2018年11月21日|カテゴリー「お金・ローン
H FACTORY(エイチ ファクトリー)瀬戸川です

今冬は、暖冬という予報がちらほらニュースの話題にあがってきてます。

昨年は、大雪でしたので、今年はその分少雪だとうれしいですね。

前回に引き続き「住宅に関わる諸経費編」として「税金」をテーマにしてみました。

「借入経費編」に登場した、契約書に貼る「印紙税」や

ローンを組む際の「抵当権設定の登録免許税」、

みなさんが最も興味がある「消費税」以外にも、

土地建物に関する特殊な税金ばかりなので、

覚えておいて損はないと思います。



家づくりの流れにそってご紹介すると、

〇契約:印紙税*前回登場

①土地:所有権移転登記

②土地:不動産取得税

③建物:所有権保存登記

〇借入:抵当権設定登記*前回登場

④建物:不動産取得税

⑤土地:不動産取得税の還付

土建:固定資産税と都市計画税

とけっこうありまして...(^^;)

なので、今回は①から③までまとめてみました。


①土地:所有権移転登記(登録免許税)

家創りの第1歩は、まず土地を購入(売買・贈与・相続・交換等含)

することから始まります。

そこで、前所有者から名義変更する作業を行うため、

法務局で申請手続きを行います。

この手続きを所有権移転登記といい国税です。

実際は、司法書士に依頼して手続するパターンがほとんどです。


☆固定資産税評価額×2%

⇒売買は2019年3月31日まで1.5%

*固定資産税評価額とは、各市町村が決定する地方税です。

概ね時価額の70%が目安とされていますが、

各市町村毎や調整率等でバラツキが大きいので、

市町村の税務課や不動産業者等に確認してみましょう。

<ケース1>

売買価格1000万円(固定資産税評価額700万円)の場合:

700万円×1.5%=10万5000円となりますので、

3万5000円お得です(*^^*)

②土地:不動産取得税

所有権移転登記が無事完了した後、しばらくすると不動産取得税の通知書が届きます。

この税金は不動産(土地・建物等)を取得したときに1回だけかかる都道府県民税(地方税)です。

(相続の場合は非課税となります)

☆固定資産税評価額×3%

⇒2021年3月31日まで(固定資産税評価額×1/2)×3%

<ケース2>

売買価格1000万円(固定資産税評価額700万円)面積200㎡の場合:

(700万円×1/2)×3%=10万5000円となりますので、

10万5000円お得です(*^^*)

⑤で詳しく説明しますが、土地を購入して3年以内に住宅を新築すると

税金が還付されます。

ケース2の場合はなんと10万5000円全額戻ってきます(*^^*)



7524962560_IMG_0076
③建物:所有権保存登記(登録免許税)

住宅がいよいよ完成すると表題登記と所有権保存登記を行います。

あれでもへんですね。タイトルには表題登記なんて書かれてません。

なぜでしょう?

それは、表題登記には登録免許税がかからないからです。

なので、今回のテーマである税金ではないのでカットしました。

ただ、実際は、土地家屋調査士に依頼するケースが

ほとんどなので書類作成費用がかかります。

自分でやってみようというチャレンジ精神豊かな方は、

ぜひ腕試ししてみてください

また土地の場合は移転でしたが、建物の場合は保存といいます。

☆固定資産税評価額×0.4%

⇒2020年3月31日まで0.15%*一定要件有。

認定長期優良住宅や認定低炭素住宅の場合0.1%

<ケース3>

新築価格2000万円(固定資産税評価額1200万円)の場合:

1200万円×0.15%=1万8000円となりますので、

30000円お得です(*^^*)

認定長期優良住宅は36000円お得です(*^^*)
7524965296_IMG_0070
いかがでしょうか?

消費税以外にも、期間限定の税金の優遇措置

結構多いんです。

一定要件等詳細な部分について、気になる箇所等ありましたら、

お気軽にお問い合わせください。

次回は④~⑥をご紹介したいと思います。

それではまた









見附市イベント情報

2018年11月19日|カテゴリー「お知らせ

道路の街路樹が、だんだんと枝だけになってきて、

 

 

ジャケットが必要な季節となりましたが、 皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

昨年の今頃は、雪が降り始め 雪の対策もままならないまま

 

冬に突入してしまったのを覚えております。

 

今年は、早めに雪対策を考えている今日この頃ですが、

 

 

地元のイベント情報をアップしたいと思います。

 

 

今週の週末は、11月24日(土)・25日(日)と

 

見附市の分譲地 ウェルネスタウンで見学会開催

(当社は、出ておりません)(-_-;)

 

また同日より

見附市の街路樹のイルミネーションがいよいよ始まります。

 

 

気になる方は⇓をクリック見附市HPイルミネーションに飛びます。

 

http://www.city.mitsuke.niigata.jp/15591.htm  

 

自宅を建てた後は、お庭などに目が行くものですので、前回のブログでは、

 

 

植栽のイベントのご紹介をしましたが、今回はイルミネーションのご紹介をさせていただきました

 

閲覧ありがとうございました。

上へ