ブログ

家づくりの前に知りたい~得する3つのキーワード~

2017年12月26日|カテゴリー「家づくり
H FACTORY(エイチ ファクトリー)の瀬戸川です。

今回のテーマは
引き続き「構造計算」の話を
もう少し詳しくしようと思います。

我々の住む新潟県は、新潟大震災、中越地震、中越沖地震と
大きな地震にたびたび襲われています。

最近では、東日本大震災や熊本地震などの
非常に大きな規模の地震にも頻発しています。

特に熊本地震においては、
震度7を2度繰り返すという想定外のこと
が起こってしまいました。

それも倒壊したのは古い住宅だけでなく、
比較的新しい住宅もこわれてしまったのです。

House_image111
日本の住宅は、建築基準法という法律に基づいて
建てられています。

ちゃんと国のルールに従って新築しているのに
なぜ倒壊してしまったのでしょう?

地震に強い家づくりをするには、
頑丈な壁を、十分な量で、バランスよく配置する
ことが重要です。

特に1階部分には、2階の重さを支える十分な耐力壁
を設置することが必要です。

この大事なことをチェックするため
「構造計算」をして家の強さを確認する必要
があるのですが、
残念ながら、小規模な2階建以下の木造住宅には
義務付けがありません。
家の強さをチェックするには、
「構造計算」と「壁量計算」という
2つの方法があるんです。
実は、小規模な2階建以下の木造住宅は、
簡易な「壁量計算(主に壁量をチェックするだけ)」
で法律をクリアしてしまうんです。

また、「構造計算(壁・部材・地盤・基礎等全分野を
フルにチェック)」は、高度な専門知識やコストが、
必要なため、すべての住宅会社で
できるわけではないんです。
結果として、多くの木造住宅が、「壁量計算」
により法律をクリアして新築されています。

ですが、「壁量計算」は、審査機関に提出する義務も
ないんです。
内容確認は、建築士さんまかせになってしまいます。

そのせいか、建築後、強度不足が発覚する事例も
ときどきニュースで世間をにぎわせてますよね。


P000_111
家づくりをはじめるうえで、
まず最も大事なことは、
信頼できる住宅会社や建築士さんに「構造計算」
をお願いして、家の強度をチェックしてもらうことです。

「構造計算」をするといろいろなスペックが
わかるようになります。
なかでも「耐震等級」という大切な性能がわかります。

「耐震等級」とは、1から3のランクで地震に対して
どのくらい強いのかを証明してくれます。

ちなみに法律の基準では、耐震等級1相当
(壁量計算でクリアできる最低ライン)
でOKです・・・。
P000_07
先般の熊本地震では、法律基準をクリアして
建築したはずの耐震1の家が倒壊し、
等級2の家でも被害が出ています。

「震度6の地震で傾くことはあっても、倒壊しない」
のが耐震等級1の定義です。
このルールを定めているのが、建築基準法。
「建築物の構造の最低基準」を
定めているとあります。

つまり、この法律を守って新築すれば、
地震が来ても安心ですよということではないんです。

P000_12
簡単に説明するとこんな感じです。

・一般的な木造住宅が耐震等級1 (傾いても、その間に人が避難できればOK)
・一般的な病院や学校が耐震等級2(避難所レベル)
・消防署・警察署が耐震等級3  (防災拠点レベル)

熊本地震でも、耐震等級3の家は、
被害そのものがなかったり、あっても非常に軽微であったことから
現在クローズアップされています。

これから家づくりを検討するみなさん、
せっかく大金と労力を投じてマイホームを新築するなら
安心して家族の未来を託せる家づくりをしませんか。

そのためのキーワードは「構造計算」+「耐震等級3」。
0e2550c9452b3ce4fedde38bb1f5e0d7
共感していただけた方は、
ぜひ当社モデルハウスに遊びに来てください。
パナソニックの耐震住宅工法
「テクノストラクチャーの家」は、
「構造計算」+「耐震等級3」を標準仕様とし、
地震に強い、家族の未来を託せる安心の家づくりを
みなさんにお約束します。
02407a810b2bead3d098b3a3a8fe5dee
今年も残すところあとわずかとなりました。
年明け1月20(土)21(日)と
クロスタウン旭岡(長岡市)にて
当社モデルハウス見学会+販売会を開催します。

「毎日を愉しむ家」をコンセプトに、
お気に入りだけをぎゅっと詰め込んだ、
カフェのような居心地の良い住まい。

広々としたウッドデッキやハンモック、
明るいサンルームなど、
ライフスタイルに合わせて使えるスペースが
一杯の1邸です。
IMG_0427-1
「百聞は一見に如かず」です。
ぜひ見て、触れて、実感してください。

スタッフ一同皆様とお会いできるのを
楽しみにお待ちしております。




(参考資料:地震に負けない家づくり パナソニック)

家づくりの前に知りたい~得する3つのキーワード~

2017年12月8日|カテゴリー「家づくり
H FACTORY(エイチ ファクトリー)の瀬戸川です。

今回のテーマは
STEP2知っておきたい「構造計算」です。

多発する大型地震や偽装事件の影響なのか、
「耐震等級」「構造計算」とかのワードを
よく見るようになりましたね。

家づくりの基準ってどうなっているんでしょう?
House_image111
地震が怖いから、地震対策もしっかりしたい・・・。
STEP1で、でてきた梁(ヨコの柱)を
強くしておけばOK?

でもなんとなく材料強化だけでは
不十分のような気がしますよね。


P000_07
例えば、柱の位置をどこにするのか?
何本入れるのか?など
家の骨組みのバランスもすごく大事です。

この家の骨組みのバランスや強さを確認するのが
「構造計算」。
みなさん、「構造計算」するって当たり前だと
思いますよね。
P000_09
でも、実は2階建以下の木の家は義務付けがありません。

木材の質も、大工さんの技術も、建築条件だって、
千差万別なのに、
建築基準法では、「壁量計算(簡単なチェック)」しか
定めていません。
さらに提出義務もないんです・・・。

つまり、「構造計算(詳細なチェック)」をして建てた木の家のほうが、
実は少ないんです。
P000_08
では、「構造計算」って具体的に
どういうものなんでしょう?

家は大きさも形も、使用する材料も
それぞれ違うので、簡単なチェック
だけでは不安が残ります。
そこで、バランスよく、強さを保っているか
1棟ごとに詳細なチェックをします。
P000_14
自動車は売る前に、衝撃テストをしています。
それと同じなんです。
ただ、家の場合は自動車と違って、
一棟ごとに同じものがないので、
実物を使ってテストするのが、
非常に困難です。

そこで、地震や台風、積雪などの災害を
コンピュータでシミュレーションするんです。

地震や台風で家が揺れた場合や
積雪で雪の重みが加わった場合に
どの個所に、どんな力が加わるのか、
チェックしています。

もちろん強風地域や豪雪地帯など、
特殊な地域性も加味します。

P000_12
テクノストラクチャーは、
一般的に行われている構造計算200項目程度を
はるかに超える440項目(多雪地域)を
チェックしています。

建築基準法に沿った通常の木の家を建てるときは
チェックしない大事な項目を
テクノストラクチャーではがっちりチェック。

せっかく新築する家だから、
よい状態で長く住み続けられる家を。
そうした考えから、テクノストラクチャーでは
義務化されていない「構造計算」を
発売当初より行ってきました。

熊本地震のように震度7が2回発生した、
想定外の大きな地震にも対応可能な、
より安全な家を目指し、
法律よりも細かい部分までチェックを
おこたりません。


瀬戸川個人用1
「我が家が一番安全・安心できる場所」
家づくりで最も大事なことですよね。


次回は、さらに具体的に「構造計算」について
ご紹介したいと思います。


(参考資料:テクノストラクチャーでつくる木の家)
上へ