~テクノストラクチャー~結露対策

こんにちわ

ここ数回、テクノストラクチャー工法についてご説明しておりますが、今回はテクノストラクチャーが行っている
結露対策についてご説明いたします。
全く、結露というやつは厄介なヤツです。嫌いです。
結露の水分によって、構造体や断熱材が腐食・劣化し、住宅の性能に致命的なダメージを与えてしまいます。

が、しかし。

テクノストラクチャーでは、構造体の耐久性を高めるために、様々な防露対策を講じ、結露対策として、通気構法を採用しています。


41812893.L
テクノストラチャーでは、調湿性に優れた木の特性を活かしながら、湿気の影響を受けやすい壁の中、
床下の防露・通気に配慮しています。






41812881.L
【小屋裏換気】

屋根の天井の間にある小屋裏は、湿気や熱がたまりやすい部分です。
冬場の湿気は結露の原因となり、夏のこもり熱は室内の温度上昇をもたらし、不快感やエネルギーのロスを引き起こします。
この小屋裏を効率よく換気するため、軒裏には有孔板等の換気口を、棟には自然換気棟を標準仕様とし、軒下から棟へと空気がぬけるようにしています。
41812891.L
【床下換気】
床下換気工法により、床下の湿気を効果的に排出し、土台や柱脚部の腐れを防いでいます。
基礎を切り欠かないため、基礎強度を低下させることもありません。
【テクノビームの結露防止】
テクノビームの芯となる形鋼の結露防止として、外壁やバルコニー部分のテクノビームに、
ロクセラムフェルトやポリスチレンフォームを施工しています。
※接合部にはウレタンを吹き付けます
※北海道を中心とする1・2地域では、外周部分のテクノビームの表裏に断熱材を施工することによって
 防露に対し、より安全な仕様となっております。
41812871.L
テクノビームに板状断熱材を張りつけ、外気温がテクノビームに伝わってこないようにしています。
41812885.L
持ち出しバルコニー部分は、発砲ウレタンやポリエチレンフォームで断熱補強しています。
【壁体内通気構法】
外壁の内部は、外気温と室内温との温度差で結露が発生しやすくなっています。
テクノストラクチャーでは、この壁体内結露を防ぐために、外壁材と透湿防水シートの間に15mm以上の通気層を確保しています。
室内から侵入して壁体内にたまる湿気を、通気層から排出する仕組みです。
外気温が低い寒冷地等では、より結露が発生しやすくなるため、断熱仕様もよりハイレベルの基準を設けています。


41813989.L
■ウレタン断熱仕様
右図の手前から、外壁→透湿防水シート→水色の矢印は通気層の空気の流れを表しています。白いのが断熱材→石膏ボートとなります。
万が一、壁体内に湿気が流入しても、通気構法により常に壁体内の空気を外気へ逃がし、乾燥状態を保ちます。
※寒冷地は断熱材の厚みが変わります。
41812889.L
■繊維系断熱仕様
標準地・寒冷地仕様
右図の手前から、外壁→透湿防水シート→手前水色の矢印は通気層の空気の流れを表しています。茶色いのが断熱材→奥の水色の矢印は室内からの湿気→石膏ボートとなります。
万が一、壁体内に湿気が流入しても、通気構法により常に壁体内の空気を外気へ逃がし、乾燥状態を保ちます。
※寒冷地は断熱材の厚みが変わります。
長く暮らすための細やかな配慮、防露・通気、耐久性に取り組んでおります

さて、この週末コロナウィルスの影響でお出かけするかしないか・・・
新潟県はまだ発症事例がありませんからね。
でもなんとなく心配ですよね。悩む・・・・
それではまた来週。何か私事ネタが出来ましたら、合わせ載せますね。



当社の新築施工事例もチェックしてみてください
sekou1