「次世代住宅ポイント制度」

H FACTORY(エイチ ファクトリー)瀬戸川です。

7月6日㈯7日㈰に開催しました七夕イベント(当社長岡市稲保モデル)
天候にも恵まれ、多数の皆様にご参加いただきまして、
誠にありがとうございました。
次回は、8月にナイトイベント等企画しております。
ぜひ、遊びに来てくださいね。





さて、今回は、「次世代住宅ポイント制度」がテーマです。

この制度の目的は、国土交通省によると、

<次世代住宅ポイント制度は、2019年10月の消費税率引き上げに備え、良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、消費者の需要を喚起し、消費税率引き上げ前後の需要変動の平準化を図るために、税率で、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームを行う者等に対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度。>とされています。

税率アップによる住宅需要の落込みを緩和するカンフル剤として導入した制度です。
では、ポイント対象となる「一定の性能を有する住宅」には、
どんなものがあるのでしょう?

〇住宅の新築の場合
・以下に該当すると30万ポイントゲットできます。
①エコ住宅(断熱等級4又は一時エネ等級4を満たす住宅)
②長持ち住宅(劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅)
③耐震住宅(耐震等級2を満たす住宅又は免震建築物)
④バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)

・以下に該当するとさらに5万ポイントゲットできます。
⑤認定長期優良住宅
⑥低炭素認定住宅
⑦性能向上計画認定住宅
⑧ZEH


ちなみに、当社のテクノストラクチャー工法の家は、
標準仕様が、⑤認定長期優良住宅に該当しますので、
35万ポイントがもらえるという事になります^^。

また、家事負担を軽減してくれるビルトイン食器洗乾燥機や
浴室乾燥機等に対しても最大35万ポイントを上限にポイント
加算されます。
〇リフォームの場合
・以下に該当すると30万ポイントゲットできます。
①断熱改修
②エコ住宅設備
③耐震改修
④バリアフリー改修
⑤家事負担軽減設備
⑥リフォーム瑕疵保険の加入、
 インスペクションの実施
⑦若者・子育て世代による既存住宅購入を
 伴う一定額以上のリフォーム

*若者・子育て世代の場合45万ポイント
(既存住宅購入を伴う場合60万ポイント)に上限アップ。
*工事の種別等によって、取得ポイントが異なります。
 次世代住宅ポイントの公式サイト等をご覧ください。
また、対象となる期間は、

〇注文住宅・リフォームの場合

・2019年4月1日~2020年3月31日
 までの請負契約・着工したものが対象。
 ただし、2018年12月21日~2019年3月31日
 までの請負契約でも、
 2019年10月1日以降に着工するものは対象。

〇分譲住宅の場合

・2018年12月21日~2020年3月31日
 までの請負契約・着工、売買契約が対象。
・2018年12月20日までに完成済新築住宅で、
 2018年12月21日~2019年12月20日
 までの売買契約が対象。
*いずれの場合も2019年10月1日以降、引渡しが対象。

先日、ポイント発行申請を、お客様の代理として手続きしてきました^^。

主な提出書類は、以下のものでした。

①次世代住宅ポイント申請書
②工事請負契約書の写し
③確認済証の写し
④工事証明書
⑤本人確認書類
 (今回は免許証の写しを選択)
⑥代理申請者の確認書類
 (今回は保険証の写しを選択。会社名も確認できるので)
⑦認定通知書(長期優良住宅)の写し

最後にポイント申請期限は、遅くとも2020年3月末までに
とされていますが、実際は1300億円の予算がなくなり次第、
終了となります(+o+)。

都度実績報告は、次世代住宅ポイントの公式サイトで発表されると
思いますが、タイムラグがかなりあると思われます。
(省エネポイントのときもそうでした( ^ω^)・・・)

駆け込み需要等考慮して早めに動いた方が得策だと思います。



ee3e68eaf84a31f8f71b25d812a8a358
土日は基本的には、こちらのモデルハウスにいることが多いです。
よろしければ、ご相談方々遊びに来てください^^)
b9718ba4f97aa8bb5288b967ade902bb