【見附市】H.FACTORYのお家作り こどもみらい住宅支援事業が始まります

こどもみらい支援事業はじまります
この事業は、子育て支援と2050年カーボンニュートラルの実現に向け、子育て世帯または若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得に伴う負担を軽減するとともに、住宅の省エネリフォーム等を補助することにより、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図ることを目的とする補助金事業です。
H.FACTORY/㈱橋本技建はこの補助金の登録業者です。

どんな人が対象になるかというと・・・
★ご新築をされる子育て世帯または若者夫婦世帯
 ・子育て世帯とは、申請時点において2003年4月2日以降に出生した子がある世帯
 ・若者夫婦とは、申請時点において夫婦でありいずれかが1981年4月2日以降に生まれた世帯
★世帯を問わず対象となるリフォームをされた方
今回は
『注文住宅の新築・新築分譲住宅の購入』
一定の条件を満たすと最大100万円が補助される支援事業について詳しくご説明したいと思います。

補助金の金額は住宅の性能によって変わります。

《60万円の補助金》
★一定の省エネ性能を有する住宅★
断熱等性能等級4かつ一次エネルギー消費量等級4であること


《80万円の補助金》
★認定長期優良住宅★
 長期にわたり良好な状態で使用するために作られた住宅です。
 長期優良住宅の建築及び維持保全の計画を作成し、所管行政庁に申請することで認定を受けることが出来ます。
★認定低酸素住宅★
 二酸化炭素の排出を抑える為の対策が取られた環境に優しい住宅です。
★性能向上計画認定住宅★
 建築物省エネ法第30条に係る建築物エネルギー消費性能エネルギー消費性能向上計画の認定が誘導基準に適合している 
 旨を所管行政庁が認定を行うものです。


《100万円の補助金》
★ZEH住宅★
強化外皮基準に適合し、再生可能エネルギー等を除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量から削減される可能性がある住宅
「ZEHとは?」
外皮の断熱性能を向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内の環境の質を維持しつつ、大幅な省エネルギーを実現したうえで、再生可能なエネルギーを導入し、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した住宅のことです。
★対象となる住宅★
・一定の省エネ性能等を有する住宅であること
・自ら居住する新築住宅であること
・住戸の床面積が50㎡以上であること
・土砂災害防止法に基づく土砂災害特別警戒区域外に立地すること

★その他の要件★
・交付申請時、一定以上の出来高の工事完了が確認できること
・契約の締結日が令和3年11月26日以降であること

申請手続き、補助金の受取と消費者への還元は
H.FACTORY/㈱橋本技建が代わりに行います。
※一般消費者の方が申請することはできません。
併用できる補助金制度
・すまい給付金
・住まいの復興給付金
・外構部の木質化対策支援事業
・住宅ローン減税等の税制優遇
・被災者生活再建支援制度
・解体工事への補助

併用できない補助制度
・地域型住宅グリーン化事業
・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業
・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス化による住宅における低酸素化促進事業
・市街地再開発事業への補助
・サステナブル建築物等先導事業
この『こどもみらい受託支援事業』についきまして、詳しくは国土交通省のホームページ
または、当社へお気軽にお問い合わせください。

他にも住宅取得につける支援策があります。
マイホームをお考えの方、H.FACTORY/㈱橋本技建でお手伝いさせていただきます

おうちにいながらモデルハウスが内覧できる!
コチラをクリック!※無料です
長岡市稲保モデルハウスバーチャル見学