「2世帯住宅」

H.FACTORY(エイチ ファクトリー)瀬戸川です。

4月入りした途端、寒くなったり、雪が降ったり・・・。
みなさま、体調管理にはくれぐれもお気を付けくださいね。

さて、最近、2世帯住宅を検討されているお客様が
モデルハウスに来場されます。(それもかなりの件数です^^)
ちなみに私も2世帯住宅で暮らしてます。

そこで、今回は「2世帯住宅」をテーマにしてみました。

完全同居・一部共有・完全分離スタイル等の形式があり、
近年では、国としても2世帯住宅づくりに対して、
さまざまな優遇制度を設けたりしています。

今回は、私自身の日々の生活や業務を通じて、
感じたことをメリット・デメリットとして、
ご紹介していきたいと思います。
メリット①「安心感・幸福感」

私自身、そう思うのですが、
最大のメリットは、頼りになる子世帯が、
そばにいる安心感であったり、子供(孫)の世話を
通じてその成長を一緒に愛でる幸せを
実感できることだと思います。


メリット②「相続税対策」

親世帯と同居していて、一定の要件を満たすと
「小規模宅地の特例」が適用できます。
この特例により、最大80%自宅の土地評価額を
減らすことが可能となります。

平成27年度から、完全分離スタイルも対象となりましたので
デメリットでも触れる「プライバシー対策」
にも好影響を与えていると思います。
メリット③「各種コストの軽減」

例えば、親の所有地に建て替えた場合は、
土地の購入費用は不要となりますし、
その分を建築費用にあてることで、
ローン額を圧縮することも可能だと思います。

また、完全同居・一部共有スタイルの場合は、
別々に新築するより、コストパフォーマンスが高い
のではないでしょうか。

生活費(食費・光熱費等)も共有して生活する方が
効率的かもしれませんね。

ただ完全分離スタイルには望めないと思いますが・・・。
今度はデメリットというか、最も気をつけるべき点を
一つだけ。

それは「プライバシー確保」です。
完全分離スタイルをのぞけば、一部共有スペースが存在します。
例えば、LDKを共有にすると、友人知人を招く場合、
お互いの世帯で気を使いあうかもしれないですし、
寝室の近くに水回り設備があると、夜音が気になって
しまうとか・・・。
いろいろなシチュエーションをイメージしてプラン検討することを
おすすめします。
IMG_1235
居住する人数が、多ければ多いほど、

家創りにたくさんの要望・意見が交わされることと思います。

間取り・外観デザイン・住宅設備、生活パターン等々。

みなさんがイメージしている理想の2世帯住宅は、どんなスタイルですか?

H FACTORYには、みなさんの要望をとりまとめ、

よりよいご提案ができるノウハウがあります。

ぜひお気軽にご相談ください。

お待ちしております。