家づくりの前に知りたい~得する3つのキーワード~

H FACTORY(エイチ ファクトリー)の瀬戸川です。

今回のテーマは
STEP2知っておきたい「構造計算」です。

多発する大型地震や偽装事件の影響なのか、
「耐震等級」「構造計算」とかのワードを
よく見るようになりましたね。

家づくりの基準ってどうなっているんでしょう?
House_image111
地震が怖いから、地震対策もしっかりしたい・・・。
STEP1で、でてきた梁(ヨコの柱)を
強くしておけばOK?

でもなんとなく材料強化だけでは
不十分のような気がしますよね。


P000_07
例えば、柱の位置をどこにするのか?
何本入れるのか?など
家の骨組みのバランスもすごく大事です。

この家の骨組みのバランスや強さを確認するのが
「構造計算」。
みなさん、「構造計算」するって当たり前だと
思いますよね。
P000_09
でも、実は2階建以下の木の家は義務付けがありません。

木材の質も、大工さんの技術も、建築条件だって、
千差万別なのに、
建築基準法では、「壁量計算(簡単なチェック)」しか
定めていません。
さらに提出義務もないんです・・・。

つまり、「構造計算(詳細なチェック)」をして建てた木の家のほうが、
実は少ないんです。
P000_08
では、「構造計算」って具体的に
どういうものなんでしょう?

家は大きさも形も、使用する材料も
それぞれ違うので、簡単なチェック
だけでは不安が残ります。
そこで、バランスよく、強さを保っているか
1棟ごとに詳細なチェックをします。
P000_14
自動車は売る前に、衝撃テストをしています。
それと同じなんです。
ただ、家の場合は自動車と違って、
一棟ごとに同じものがないので、
実物を使ってテストするのが、
非常に困難です。

そこで、地震や台風、積雪などの災害を
コンピュータでシミュレーションするんです。

地震や台風で家が揺れた場合や
積雪で雪の重みが加わった場合に
どの個所に、どんな力が加わるのか、
チェックしています。

もちろん強風地域や豪雪地帯など、
特殊な地域性も加味します。

P000_12
テクノストラクチャーは、
一般的に行われている構造計算200項目程度を
はるかに超える440項目(多雪地域)を
チェックしています。

建築基準法に沿った通常の木の家を建てるときは
チェックしない大事な項目を
テクノストラクチャーではがっちりチェック。

せっかく新築する家だから、
よい状態で長く住み続けられる家を。
そうした考えから、テクノストラクチャーでは
義務化されていない「構造計算」を
発売当初より行ってきました。

熊本地震のように震度7が2回発生した、
想定外の大きな地震にも対応可能な、
より安全な家を目指し、
法律よりも細かい部分までチェックを
おこたりません。


瀬戸川個人用1
「我が家が一番安全・安心できる場所」
家づくりで最も大事なことですよね。


次回は、さらに具体的に「構造計算」について
ご紹介したいと思います。


(参考資料:テクノストラクチャーでつくる木の家)