壁と床の隙間隠す 巾木

こんにちわ


ついに梅雨に入りましたね
私は冬と同じくらい梅雨が嫌いです。

突然降る雨も、雷も、ミストのような雨も
湿気がすごいのも・・・・
IMG00002_HDR8-e1624503298645

これはまさに
間もなく雨が降ってきますよーの状況。
この時、隣の市はバケツをひっくり返したような雨だったそうで・・・・
この後、しっかりこちらも雨がふりました



気を取り直して
今日は、「巾木」についてご紹介したいと思います。
巾木は、どうしても施工上出来てしまう壁と床の隙間を隠してキレイに見せる
部材のです
また、巾木をつけることによって掃除などをした時にぶつかってクロスを痛める
などを軽減することもできます。

この場所です
↓↓↓↓


DSC039741


ただ、この巾木、意外と存在感があるんです。
例えば、ホワイトが多いお部屋や、サッシがホワイトだったりするお家は
ホワイトの巾木が合うでしょうが、濃いめに床や壁紙にはホワイトだと
浮いてしまいます。

下の2枚のお部屋はどちらもホワイトの巾木ですが、実は幅が若干違います。
太いもの、細いもの色々あるんです。


この巾木がブラックだったりすると・・・
うーんとなりますよね
DSC04057
DSC04186


下の2枚は細いブラックの巾木、濃いブラウン(ウォールナット)の巾木です。
ドアの枠、窓枠、床色に合わせています。

DSC039754
DSC04342


これは写真ではわかりずらいのですが、左はホワイトでもホワイトアッシュという色で
木目が入った色を使用しています。
右は、床や窓枠、キッチンに合わせたオーク色です。
DSC04277
DSC04249

巾木ひとつでも、幅・色・模様があるので、悩みどころでもありますが、
逆に色々なバリエーションが出来るということですよね。
外に出た時など見る機会がありましたら、ぜひチェックしてみて下さい。



施工例もチェックしてみてください
sekou1